学習の形式を把握する

神戸を始めとして日本各地に存在している塾ですが、それぞれの塾ごとに学習形式が違っていたりします。
塾での学習形式には大きく分けて3タイプ存在しています。
それぞれの形式ごとにメリットやデメリットが存在しているため、塾選びを行う際にはこの学習形式にも注目して選ぶといったことが非常に重要なポイントの一つとなっているのです。
適切に学習形式を把握して、塾選びを行う事で、より効率的な学習が可能となるのです。

学習の形式は、個別、少人数、集団の3タイプであり、それぞれの違いは講師一人が受け持つ生徒の数です。
個別は、講師一人に対して、生徒一人。
少人数は、講師一人に対して、生徒が数人。
集団は、講師一人に対して、生徒が数十人といったように、大きく生徒の数が違っているのです。
生徒の数が違う事によって、発生するのが、生徒毎の学習スピードの違いです。
学習スピードの早い生徒と遅い生徒が一緒に学ぶ事によって、次第に差が生まれてきます。
集団学習の場合は、ある程度決まったスピードで学習が進むため、学習スピードの早い生徒であれば特に大きな問題はありません。
しかし、遅い生徒の場合は、次第に授業についていく事が出来なくなってしまう事が起きるのです。
ですが、少人数や個別指導などの学習形式では、それぞれの生徒に合わせて学習を進めていくため、授業についていくことが出来なくなってしまうといったようなリスクを回避することが出来るわけです。
このように学習形式によっても大きな違いがあるため、塾選びは慎重に行う必要があるのです。